作曲家・編曲家&ヴァイオリン指導者、

ピアノ指導者(ピティナ正会員)

そして料理とワインが大好きな私です。

このHPをお楽しみ頂ければ幸いです。

 

それぞれのメニューで関連する

楽譜やCDの紹介をしています♪

大政直人
 

1954年2月4日生まれ。東京藝術大学大学院作曲科修了。作曲を野田暉行、甲斐説宗の各氏に、ヴァイオリンを二村英之氏に師事。作品は室内楽、合唱、邦楽と多岐に渡り、また多数のオーケストラ編曲、CD批評、エッセイの著述等も行う。イベント関係ではフジタ本社ビル「ヴァンテ」日本船舶振興会等のための作・編曲及びコンピュータミュージック作成を行っている。2005年には銀座王子ホールにおいて須川展也、大谷康子、神谷百子、苅田雅治など9名の演奏家を迎え個展を行い好評を博す。またこの時のライブCDはレコード芸術誌で特選盤に選定される。

 

ヴァイオリン指導者としても多数の生徒を東京藝術大学をはじめとして桐朋学園や東京音大など多くの音楽大学、高校に進学させている。

さらにピアノ学習者への作曲指導も行い、生徒がピティナ・ピアノコンペティション全国大会に於いてD級金賞、連弾中級金賞、上級金賞を受賞している。

 

また近年は韮崎市キングスウェルホールでのコンサート企画に携わり、今までに大谷康子、木村弓、須川展也、他のリサイタルの企画・司会を行っている。

 

コマンドリー・ド・ボルドー(ボルドーワイン騎士団)の会員でもあります。

 

現在、日本作曲家協議会理事、日本音楽著作権協会会員、ピティナ正会員。